« 前のエントリー | メイン | 次のエントリー »

2009年02月26日

欧州CL ベスト16 アーセナルvsローマ | 点は入らずとも


アーセナルvsローマ。
けが人多発で苦しいチーム状態で、リーグで順位のあがらない似たようなチーム同士の試合となった。
パス主体で攻めるのも似たものどおし。おしゃれな試合が期待できる。

ローマはブチニッチが使えない。
アーセナルはセスクとアデバヨールがまだまだ使えない。

欧州CL ベスト16 1stleg
アーセナル
1 0
1
25 ファン・ペルシー
ローマ
0 0
0
アーセナル (欧州CL 準々決勝 1st vsローマ)
 ファン・ペルシー 
 ナスリ 
ベントナーエブエ
デニウソンディアビ
クリシーサーニャ
コロ・トゥーレギャラス
 アルムニア 
ローマ (欧州CL 準々決勝 1st vsアーセナル)
バチスタトッティ
 ペッロッタ 
タッデイブリーギ
 デ・ロッシ 
リーセマルコ・モッタ
ロリアメクセス
 ドニ 


試合開始直後は、アウェイのローマが攻めるがすぐにアーセナルがペースを握る。
試合が始まってからわかったが、アーセナルはベントナーが左MF、ナスリがトップ下の4-2-3-1の形で試合に臨んでいた。
これは意外だった。
しかしこれが見事に機能した。

ローマのディフェンダーがナスリを捕まえられない。
ナスリが動き回ることでベントナー、エブエにチャンスが生まれた。

チャンスを作りつづけった結果、PKをゲットし先制。

その後も綺麗なパスサッカーで攻め続けるアーセナルはすばらしかった。
しかし点が取れない。
後半も決定的なチャンスを何度も迎えるがやっぱり入らない。
そのまま1-0で試合終了。

アーセナルにとっては前半に一点取れて本当によかったと思う。
この内容で引き分けだったら悔しすぎる結果だった。

ローマは中盤が作れなかった。
守備に走らされ、下げさせられたため攻撃にきりえてもパスコースがない。

トッティにあてればいいじゃんと思ってみていたがそれも出来なかった模様(多分ギャラスがしっかりマークしていたのだと思う)
前線でキープができて、サイドバックが高い位置に出てくるのがローマの攻撃の形だと思うので
前線でキープできなかったのこの試合はつらかったと思う。

この試合内容であれば、2nd legもアーセナルが有利。
ローマがホームで強いことを差し引いてもアーセナルが一枚上手な気がする。
意外にも差がチーム力に差があるなと感じた。

しかし、まだ、たった1点差が着いただけ。
ローマがどう巻き返すか、アーセナルがこの試合のようなサッカーを再び見せることが出来るかが見所になりそうだ。

このエントリー中の選手一覧

created by loopshoot Suggest Search

関連エントリー(more)

コメントする

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://loopshoot.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1443







タグ クラウド