« 前のエントリー | メイン | 次のエントリー »

2011年08月15日

スーペルコパ レアル・マドリードvsバルセロナ | 激しいシーズンイン!


スーペルコパ 1st leg レアル・マドリードvsバルセロナを観戦した。

スーペルコパは、日本で言うところのゼロックスカップに当たる大会。
昨季のリーグ戦王者vsカップ戦王者が戦う。
日本と違うところはホーム&アウェーの2試合で決めるところ。
さすがスペイン。

レアルは昨季と同じようなベストメンバー。
一方、バルサは負傷選手を温存するちょっと落としぎみのメンバー。

スーペルコパ 1st leg
レアル・マドリード21-22バルセロナ
1-0
得点
エジル


アロンソ
時間
12
25
35
54
得点

ビジャ
メッシ
レアル・マドリード (スーペルコパ vsバルサ)
 ベンゼマ 
 エジル 
C・ロナウドディ・マリア
ケディラシャビ・アロンソ
マルセロセルヒオ・ラモス
カルバーリョペペ
 カシージャス 
バルセロナ (スーペルコパ vsレアル)
 メッシ 
ビジャアレクシス・サンチェス
イニエスタチアゴ・アルカンタラ
 セイドゥ・ケイタ 
アドリアーノダニエル・アウヴェス
ピケマスチェラーノ
 バルデス 

コンディション的には難しい時期試合。
こんな序盤からトップパフォーマンスに持っていくと、リーグ終盤までスタミナが持たない恐れがある。
しかし、両チームともライバルとしてのプライドがある。クラシコだから仕方ない。
試合は、予想以上に激しいものになった。

序盤を優位に進めたのはレアル。
バルサは後ろでも前でもパスが十分につながらず、厳しい試合展開が続いた。
先制点はレアルだが、その後、たった2回のチャンスでバルサが2点を穫る。

後半にレアルが1点返して、同点。

勝ち越しが奪えないかったレアルは、2nd legに2点のアウェーゴールを背負うことになった。

レアルで目立ったのはエジル。
新しく付けた背番号10にふさわしく、ボールに触ると必ずチャンスに結び付けていた。
いい選手だ。

バルサは新加入のアレクシス・サンチェスがよかった。間違いなく即戦力。
中盤ではイニエスタのボールタッチがやっぱり素晴らしくて驚いた。
メッシは動いてなかったな〜。


シーズンはじめからクラシコを見れるのはファンとしてもとてもうれしかった。
wowowの放送も昨シーズンと変わらず良く、岡田武さんの解説を聞けるものまたうれしかった。
今シーズンもリーガを楽しんでいきたいと思う。

関連エントリー(more)

コメントする

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://loopshoot.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1689







タグ クラウド