« 前のエントリー | メイン | 次のエントリー »

2011年09月12日

リーガ 03節 ビジャレアルvsセビージャ | これぞリーガ・エスパニョーラ


リーガ 03節 ビジャレアルvsセビージャを観戦した。

チャンピオンズリーグ出場権を賭けて争うであろう両チーム。
今シーズンはどんなチームに仕上がっているのだろうか。

リーガ 11-12 03節
ビジャレアル20-12セビージャ
2-1
得点

ロッシ
マルコ・ルベン
時間
24
35
72
85
得点
ネグレド


アレクシス
ビジャレアル (リーガ 03節 vsセビージャ)
カムーニャス ロッシ
カニボルハ・バレーロ
ブルーノマルチェナ
ジュアン・オリオールマリオ・ガスパール
ムサッキオゴンサロ
 ディエゴ・ロペス 
セビリア (リーガ 03節 vsビジャレアル)
ネグレド マヌ・デル・モラル
ペロッティヘスース・ナバス
トロホウスキメデル
アドリアーノマルティン・カセレス
エスキュデアレクシス
 ハビ・ハラス 


カソルラとカプデピラの二人の中心選手を放出したビジャレアル。
セビージャもレナト、カペルなどこちらの中心選手の放出した。

チームの財力では、まだまだビックチームには及ばない両チームだが、
主力を放出してもが、魅せるサッカーはビックチームに負けないハイレベルなものだった。

試合のハイライトは1−1で迎えた、後半終盤に、ビジャレアルの選手交代から始まった。

ビジャレアルは前半で一人退場して10人でのサッカーが続いていた。
10人なら引き分けでも悪い結果ではないが、ビジャレアルはDFのゴンサロとFWのマルコ・ルベンを交代させ、勝ち越しへ切り替えた。

そのマルコ・ルベンが、74分に見事にゴール。

しかし、10人相手に逆転負けは許されないセビージャがラストの猛攻で同点に追いつく。


一連のスリリングな展開は、これぞリーガ・エスパニョーラと言える、高いエンターテイメント性を持っていた。

ディフェンスは少々難しい状態からでもクリアせずに繋ぎ、攻撃はサイドを目一杯使ってワイドに。
チャンスとあればDFだってゴール前に入る。
そして、ゴール前ではアイディアだけじゃなく、思い切りの良さが勝負をわけた。


サッカー自体を楽しむのはバルセロナだけの特権ではない。
こんな試合のできるチームがいるから、リーガはやはり面白い。

関連エントリー(more)

コメントする

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://loopshoot.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1693







タグ クラウド